サラリーマン向け不動産投資講座 » とても気になる区分所有不動産投資のポイント » 一棟所有でなく、区分所有をすすめる理由

一棟所有でなく、区分所有をすすめる理由

一棟所有と区分所有にはどのような違いがあるのか。それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

一棟所有よりも区分所有の画像

「一棟所有」と「区分所有」では何が違うのか

不動産投資を始めるときに悩むのが、「一棟所有」か「区分所有」、どちらの物件に投資するのかです。
「一棟所有」はアパートやマンションを一棟丸ごと購入することで、「区分所有」は一棟の建物が別々の居住や商業施設、オフィスなどに利用可能な場合、各区分を購入して所有することです。
投資をするには一体どちらの方が良いのか、それぞれの特徴とメリット、デメリットを見比べましょう

一棟所有

メリット

デメリット

区分所有

メリット

デメリット

ファミリータイプよりもワンルームタイプ

一棟所有と区分所有では、区分所有の方がメリットが多く、リスクが少ないため初心者にもおすすめです。ですがどちらがより優れた投資方法かは、投資者自身によって変わるでしょう。経済状況や将来設計などを考えながら、適切な投資方法を見極めましょう。

ただし、区分所有にもリスクがあります。そのなかでも一番厄介なのが空室に伴う空室リスクです。空室リスクを回避するには企業移転などの想定外が起きやすい地方の物件を避けて、東京23区などの人口が多い地域を選ぶことです。さらに新築や新しい物件に投資することでもリスクを回避しやすくなります。設備が新しい物件の方が、長期的に入居者を招き入れることができるので、安定した収入を期待することができるからです。

また、空室リスクはファミリータイプよりもワンルームタイプのマンションの方が回避しやすいという特徴があります。これは賃料が低いので空室になっても次の借り手がつきやすいからです。

不動産投資で非常に重要なのは、物件の選び方です。物件の選び方次第で、その後の展開がある程度決まってしまうといっても過言ではありません。購入後に途中で間違いに気づいたとしても、方針転換するには労力と時間がかかりますから、なかなか難しいものです。

不動産購入を始めるときは、一棟所有と区分所有、自分にはどちらが合っているのかをきちんと把握して購入することで、リスクの少ない安定した収益を得ることができます。

不動産投資会社5選 不動産投資会社5選