サラリーマン向け不動産投資講座 » サラリーマンが今、不動産投資で資産運用を始めるべき理由 » 理解しやすい投資内容で、手間もかからない!

理解しやすい投資内容で、手間もかからない!

不動産投資には手間がかかる?実はパートナー選びをしっかりすれば手間が少なく、メリットが多い投資方法です。

不動産投資は他の方法より安定性が高い

理解しやすい内容画像

投資には不動産投資だけでなく株やFXなどもありますが、不動産投資は他の投資方法とは違い、安定性があるのが魅力です。

他の投資方法では月によって収益が大きく変わることがありますが、不動産投資なら毎月決まった額の収入が入ってくるため、安定した投資を求める方に良いでしょう。

そもそも不動産は、株やFXとは違い経済的なリスクに影響されにくいという特徴があります。

若いうちに不動産を購入して運用し、歳を取ったら私的年金変わりとしても利用が可能。不動産という実物があるため、株券や債券のように場合によってはただの紙になってしまうようなことにはなりません。物件によっては利回り10%になるようなものもあり、安定しながら高利回りが期待できる点も、他の投資方法とは異なります。

投資に手間をかけたくない人にもおすすめ

基本的には物件を選んだあとの管理は管理会社に任せることとなるため、手間がほとんどかかりません。株の場合は売り時や買い時の見極めが必要ですが、不動産はそのような必要もなく、むしろ「物足りない」と感じる人もいるほどです。

手間がかからない分、他の投資方法と組み合わせて利益を上げることもできます。例えば株投資と組み合わせれば、不動産投資の長期的な収益と株の短期的な利益を得ることができとても合理的です。

資本を使いこなすスキルを磨ける

日本人の多くは自分の体や頭を使って給料を上げていく、労働集約型の働き方です。上場企業の経営者もほとんどの場合は一般労働者としてキャリアをはじめ、社長になる方が多いです。自分の体が資本となり、収入の限界も自分の体次第となります。

一方で不動産投資は「資本を使って利益を上げる」働き方です。資本を使って事業をして利益を上げる「資本家」の場合、例えば一度病気をしても高収入を変わらず得ることができたり、資本を使いこなすスキルがあればいくらでも収入を上げることができます。

日本人は「汗水流して働く」というアイデンティティがあるため、いわゆる“不労所得”は悪いイメージがありますが、本来は”資本所得“と呼び、海外では数多くの方が資本家として多くの収入を得ています。

銀行から借りられる他人資本を活用して、効率的に資産を増やすことができるので、効率的に利益を上げていくことが可能です。いままでは地主や資本家しかできなかった資本所得の拡大を、初心者でもできるのが不動産投資の魅力だと言えます。

資産を守って増やす、頼れるインフレ対策

インフレ対策には不動産投資がおすすめです。不動産は所有しているだけで安定した収入が生まれます。賃貸需要のある立地なら、家賃相場が大きく下落するリスクは極めて低いものです。

不動産投資はインフレに強いだけでなく、安定した収入で自分の資本を守ることができます。銀行に預けるよりも資産を守りながら増やすことができるため、不動産投資で資産運用するほうが得策だと言えます。

不動産投資が安定的に手堅く稼げる手段

安定した不動産投資

多くの人は、投資に興味を持っているサラリーマンが始めやすいのは、株やFXだと考えているかもしれません。

口座を開いて幾らか入金すれば、少額から始めることができるからです。

そして隙間時間に、片手間に取り引きをすればいいと思うかもしれません。

しかし実際のところ、株やFXは勉強のために多くの時間を割く必要がありますし、定期的に市場を観察しなければ成功しません。

少額で始めればローリスクではありますが、そのぶんローリターンになってしまい、時間をかけた割には利益の少ない副業となってしまうでしょう。

不動産投資の場合は、長期的かつ安定的に収入を得ることができます。地価や建物の値段は景気に左右されて多少変化するとは言え、株やFXのような大幅な変化をすることはまずありません。

一晩でいきなりマンションの資産価値が、半分になってしまうようなことは、ほとんど考えられないでしょう。賃貸価格は地域の状況によりますので、マンションやアパートなど住宅需要がある地域を選んで投資すれば、長期的に安定した収入源を確保することになるのです。

不動産投資はリスクとリターンのバランスが良い

不動産投資は少額でスタートすることができます。多くの場合、ローンを組むことになりますが、頭金は少額か0円から始められる場合があるため、参入しやすい投資分野でしょう。

さらに、信頼でき有能な投資会社を選べば、自分で不動産投資について勉強する必要はあまりありません。

特別なノウハウやメソッドを必要とするわけではなく、日々経済の動きをチェックして、手を打たなければいけないこともありません。ですから、特別なスキルも長い時間も必要としない、シンプルな投資方法と言えるのです。

マンションやアパートへの投資は、長期的に安定した利回りを生みます。株やFX、先物取引と言った他の金融商品のような、短期的なハイリターンはありません。

しかし、そのぶんローリスクであり、毎月一定額の賃料が入ってくることを見込めるのは、他の投資にはない安心感です。加えて、外貨投資や預貯金と比べると高い利回りがあります。リスクとリターンのバランスが取れているのです。そのため私的年金もしくは保険代わりとして、不動産投資をするサラリーマンも多くいます。

不動産投資には3つの節税効果がある!

不動産投資を始める際、当然ながら不動産を購入することになります。

そして、マンションやアパート経営に伴う様々な費用が経費として計上されます。それらマンション購入や修繕費、定期的に必要となる管理費や減価償却費、固定資産税などがかかることによって、所得税が減額されます。そして所得が減れば住民税も少なくなります。

サラリーマンは本業があり、不動産投資による収入は副業的なものでしょう。もし、不動産経営が最初はうまくいかず赤字になったとして、ある程度は本業の所得と合わせて計算することで、これまで支払っていた税金を減額させることができるのです。そして、少々の赤字なら本業の収入と合算することで相殺することができるので安心です。

不動産投資は、相続税を減額させる効果もあります。相続の際、現金や有価証券は100%課税対象になりますが、賃貸用不動産は約60%です。物件によって細かい比率は変わりますが、約4割減というのは大きいのではないでしょうか。

資産額によっては、現金で持っているより何百万と節税をすることもできます。基本的に評価額が大きいほど相続税を節減することができますから、積極的に投資しておくのは節税対策として有効<なのです。

不動産投資の2つの仕組み

不動産投資には主に2種類あります。「キャピタルゲイン方式」「インカムゲイン方式」です。

キャピタルゲイン方式は、将来的に価値が上昇するとみられる不動産を購入し、価格が上がったころを見計らって売却、その差額を利益として得る方法です。この方法は、景気の動向を読む力、そしてマンションをリフォームして価値を上げる資金も必要なため、あまり初心者向きではありません。

対してインカムゲイン方式は、賃貸用の物件を買い、その家賃収入を得ていく方式です。不動産投資は大掛かりな事業のように感じるかもしれませんが、実際はローンを上回る家賃収入を見込める物件を購入し、家賃とローン返済の差額を収益として得ていくだけです。

サラリーマンが副業として行なうこともできる、単純な仕組みなのです。そのため、サラリーマンにはインカムゲイン方式の投資がおすすめです。

いかに収益を生み出す物件を選ぶかがカギ

物件と鍵

不動産投資で成功するためには、収益をあげることができる物件を選びましょう。

初心者でありがちな間違いは、住人目線で選べば成功するだろうといった考え方です。

自分が住みたいと思う素敵なマンションやアパートなら、住人も集まりやすく収益も安定するだろうと思うのです。

しかし、このように主観に基づいて選ぶのはリスクがあります。物件の周辺地域の状況、部屋の形態、家賃額など様々な条件を考慮して、利回りの良い物件を選ぶ必要があります。

サラリーマンであれば、まず土・日曜日休みなどを利用して物件情報を集めたり実際に見に行ったりすることでしょう。土・日曜日の様子しか見ておらず、サラリーマンとしての視点だけで見ていると、本当に収益が上がる物件なのか分からないかもしれません。

平日の状況、そして学生向けなのか単身者向けなのか家族向けなのか、不動産の特徴も踏まえて決定しましょう。不動産屋さんや投資会社のアドバイスも考慮し、鵜呑みにしないようにしつつも、なぜ収益が見込めるのかきちんと理解してから決めることをおすすめします。

サラリーマンの不動産投資に向いている物件は何か

最も始めやすく、初心者におすすめなのはマンション経営です。一室単位でもできますし、ローンを組んで棟買いすることもできます。一室購入とは、たとえば都心のマンションの一部屋だけを購入して、それを賃貸に出すという方法です。最初の資金も少なくて済みますので、手軽にスタートすることができます。

しかし一室だけ所有することは、その一部屋が空室になると収入ゼロですから、やはり物件選びが重要になります。

アパート経営もマンションと似ています。年収500万円以上あるサラリーマンなら有利な形でローンを組める可能性が高いため、積極的に考慮すると良いでしょう。

棟買いする分、家賃収入が多くなり、収益を得るスピードも速いです。空室リスクを抑える良い物件が見つかれば、サラリーマンの大家さんに最も向いている不動産投資でしょう。

他にも、戸建てやシェアハウスを購入して経営する方法もあります。シェアハウスは若者に人気が出ていますが、入居者との交渉や入居者同士のトラブルがあった場合、対処が難しいケースも報告されています。信頼できる管理会社を見つけることができるかが、成功の分かれ目でしょう。

サラリーマンの不動産経営に不可欠なのは、信頼できるパートナー

副業として不動産投資にチャレンジするサラリーマンは、様々な専門家の助けを得ると成功する確率が高まります。例えば、物件選びや入居者の募集は、信頼できる不動産屋や投資会社に助けてもらえます。

入居者の管理やトラブル解決は、管理会社に任せると安心です。他にも、リフォームが必要なら工務店に、税金のことで分からないことがあれば税理士に、それぞれ助けてもらうことができるのです。

今の時代、そのようなサポートを専門とする会社は多くありますから、サラリーマンの大家さんがすべきなのは、自分で色々調べて自分で何とかしようとするより、信頼できるパートナーを探すことでしょう。そのように時間とお金を賢く使うことにより、不動産投資を成功させているサラリーマンが大勢いるのです。

不動産投資会社5選 不動産投資会社5選