サラリーマン向け不動産投資講座 » サラリーマンが今、不動産投資で資産運用を始めるべき理由

サラリーマンが今、不動産投資で資産運用を始めるべき理由

不動産投資による資産運用はサラリーマンこそが始めるべき。今から始めるその理由について調べました。

不動産投資を始めるならまずなにをするべきか?

サラリーマン

なにより必要なのはズバリ、最低現必要な基礎知識の確認作業です。

不動産投資を始めようとする、多くのサラリーマンの方々に共通してみられる傾向に、当初はあくまで個人レベルで不労所得を確保するレベルの副業である事実の見落としがあげられます。

自身の勤務先における新規プロジェクト的な規模で、一個人の不動産投資を捉えてしまい、経済動向や世相などにばかり着目してしまう傾向です。

不動産投資家の卵であり新人である自身が身につけるべき、正しい関連基礎知識の学習や確認がお留守になってしまっては、適正な投資物件購入など、重要な選択決定を誤ってしまうリスクが懸念されます。

サラリーマンという立場のメリットを知る

サラリーマンには安定した給与所得があり、これが金融機関から融資を受けるに際し、強力な信用力となります。次に土日など決まった休日を不動産投資への対応に充当できる、サラリーマンならではの時間的な余裕もメリットです。

そして他力を活用できるのも、不動産投資の大きな特長です。管理会社に一任しておけば、家主として必要なピンポイントの対応以外に時間と労力を費やさず、不労所得を確実に得られる投資スタイルです。

リスクを学ぶことで自身のスキルアップに

投資という行為に避けられないのが、リスクの存在です。不動産投資のリスクに関する情報を確かめるうちに、腰が引けてしまう可能性も想定されますが、何らかの収入を得る以上、適切な回避対応を実践することで、リスクは確実に抑制できます。

不動産投資は自らの収益物件の経営であり、経営者目線が求められる収益追求です。サラリーマン視点では見過ごしがちだった発見の連続は、自身の人間としてのスキルアップにも大いに役立つことでしょう。

不動産投資家は経営者

不動産投資家は収益物件すなわち、オーナーである自身に毎月家賃収入を約束してくれる共同住宅の「経営者」です。多くのサラリーマンの方々が潜在的に一度は憧れる、経営者としてのもうひとりの自分自身を、安定した給与所得を確保した環境で実現できるのです。

楽しみながら投資計画を立てる

不動産投資関連知識が次第に身についてくると、自身の中長期的なビジョンも、次第に明確になってきます。数年後から数十年後の自身と家族のライフプランと重ね合わせて、中長期的な投資計画をより明確に見据える作業を楽しみましょう。

初心者向け不動産投資セミナーに参加することで、同じ夢を抱いた見知らぬ方々との交流や、あらたな発見との出会いも刺激的です。その他関連書物や業者から取り寄せた関連資料などを用いた独学も、空き時間を利用した日課にされることをおすすめします。

こうした不動産投資家デビューの準備期間が、気づかぬうちに本業のサラリーマンとしての仕事力にも、大いにプラスに作用するメリットも見過ごせません。

不動産投資は国が事業と認める投資

不動産投資はあらゆる投資のなかで、唯一国から優遇されている投資です。たとえば刻一刻と変化する状況を凝視し続けねばならない、株やFXを目的とした融資を申し込んだとしても、銀行がそれに応えてくれることは基本ありません。かろうじて利用目的が問われぬフリーローンでの借入が視野に入りますが、事業目的と認識のうえでの借入ではありません。

不動産投資は資産家が余剰資金を活用しての投資スタイルとは限らず、給与所得という抜群の信用力を持つ、サラリーマンの特権といっても過言ではありません。投資の持つ醍醐味を実感しつつ、経営者として確実な収入を得られるメリットに憧れつつも、すべての方々が簡単に始められない、それが不動産投資なのです。

サラリーマンこそ不動産投資を始めたい

不動産投資

不動産投資に興味を持っているけどなかなか一歩踏み出せないというサラリーマンの方は多いと思います。

サラリーマンにとって不動産は安易に購入できるものではありませんが、サラリーマンこそ今が不動産投資を始めるのに絶好の機会だということを知っておきましょう。

不動産投資を今始める理由をまとめてみました。

年金は65から70歳に繰り上げられ、支給も減額!?

誰でも高齢者になれば貰える「年金」ですが、今は65歳でも将来的には70歳に繰り上げられたり支給も減額されるかもしれません。これは日本が少子化や晩婚化により経済的な不安要素が大きくなっているからです。

さらに団塊世代と呼ばれる方が2025年に高齢者になる「2025年問題」で、現在の社会保障が破たんするとも言われています。つまり年金制度を変えないといけない時期に来ているということ。不動産投資をすることで老後の安定した収入を増やしましょう。

年金の70歳への繰り上げ、減額に備えるための不動産投資!について詳しく見る>

2020年オリンピックに低金利。この特異な時期を活かす!

日銀が経済成長のために実施した「マイナス金利政策導入」は不動産投資分野に恩恵を与えました。これ以上金利が下がることのない「低金利」となったことで、今まで敷居が高かった不動産投資が始めやすくなり、個人投資家が増えています。サラリーマンでも40~50代の管理職層が今のうちにと始めるケースが増えています。

さらに2020年の東京五輪に向けて日本経済が大きく発展する可能性が高いため、東京都を中心に神奈川県や千葉県、埼玉県でも地価上昇傾向が見られるのではないかと言われています。つまり投資家の方にとっては今がとても魅力的な時期なのです。

オリンピックに低金利。この機会を活かすための不動産投資!について詳しく見る>

理解しやすい投資内容で、手間もかからない!

投資というと不動産以外にも株やFXなどがあるので、どれが良いのか迷っている人もいるかもしれません。しかし安定性で選ぶなら不動産投資をおすすめします。他の投資方法は月によって収益が変わることがありますが、不動産投資は毎月決まった額の収入があるので、安定した投資を求めている方にぴったりです。

物件によっては利回り10%ほどになるものもあり、安定した高利回りが期待できます。また基本的に物件を購入後は管理会社に任せることになるので、他の投資方法に比べて手間がかかりません。普段働いていて忙しいサラリーマンの方でも始めやすい投資方法です。

理解しやすい投資内容で、手間もかからない不動産投資!について詳しく見る>

保険代わりになり、安定した収入源となる!

収益不動産であっても団体信用生命保険には入ることができます。投資用物件で団体信用生命保険に入ると、万が一何かあった場合でも家族にローンを残さずに物件を残すことができます。

さらに相続によって家賃収入を家族に残すことができます。不動産投資を保険代わりにと考えている方は多く、不動産投資をするなら団体信用生命保険に入るのをおすすめします。

保険代わりになり、安定した収入源となる不動産投資!について詳しく見る>

計画的に資産形成をおこなえる!

不動産投資が資産形成に適しているのは「リターンを予測しやすい」「投資対象を自分でコントロールできる」「景気の変動に左右されない」「インカムゲインにレバレッジをかけられる」というポイントがあるからだと言われています。

正しい知識さえ持ち合わせていれば、正確な収支計画をたてやすいのも不動産投資の特徴です。シミュレーションをしやすいので、ライフプランニングを考えながら支払い能力以上の過剰投資を防ぐこともできて安心です。

計画的に資産形成をおこなえる不動産投資!について詳しく見る>

定年退職後に必要なお金と資産運用について

現在40代の人は、今後収入が上がっていく人もいればそうでない人もいると思います。いずれにせよ、誰もが定年退職を迎え、働いて収入を得るということができなくなります。定年退職後も再雇用で働けるケースも多いですが、その後の収入は思っていたよりも少ないことがあり、もし体を壊して働けなくなったらその分費用がかかってしまいます。

定年退職後にいつまで働き、どのくらいの収入を得ることができるのか、また老後はどのくらいお金が必要となるのかといったことを解説します。

定年退職後に必要なお金と資産運用について詳しく見る>

マイナス金利政策の導入を不動産投資に活かす!

2016年2月に導入された日銀の金融緩和政策が『マイナス金利政策』です。この制度導入は、金融機関の金利低下を生み不動産投資のハードルを下げる結果になっています。

また融資審査も緩くなるとともに、消費税増税や東京オリンピックなどさらなる追い風もあり、賃貸経営に転身を考えている管理職の方も増えている現状です。この千載一遇のチャンスを不動産投資に活かしていきましょう。

マイナス金利政策の導入を不動産投資に活かす!について詳しく見る>

不動産投資会社5選 不動産投資会社5選