サラリーマン向け不動産投資講座 » 不動産投資に失敗する初心者とは » 少しの資金でリターンを多く求める

少しの資金でリターンを多く求める

不動産投資で利回りばかりを求める方は失敗しやすい。ハイリターンはハイリスクを伴うものだということを具体例をあげて紹介します。

リターンを求めすぎる画像

リターンを多く求める方は失敗しやすい

不動産投資を始める方の中には少しの資金で多くのリターンを求める方がいます。例えば築20年以上の中古物件だったけど利回り10%だったから購入してしまう、管理費や修繕積立金を全く考えないまま購入してしまう、といったことがあります。「これは掘り出し物件だ」と感じて投資をする方は、リターンを多く求め過ぎです。築20年以上の中古物件を購入した例を取り上げると、所有後1年で当初から住んでいた入居者が退去する際に、30万円の原状回復費用が発生。そのほとんどをオーナーが負担することになりました。その後は入居者がなかなか現れず、家賃を1万ほど安くしてやっと見つけることができました。
高利回り(ハイリターン)は、その分リスクが高い(ハイリスク)だと言うことを考えて購入しなくてはいけません。特に中古不動産はプロでも見極めが難しいので初心者の場合は新築不動産を選ぶべきです。不動産投資は超お得な掘り出し物件や一攫千金を狙える物件を探して投資をするのが目的ではありません。着実に利益を出せる物件に投資しましょう。

月額・年額のローンシミュレーションを行う

不動産投資で成功している方に共通しているのが、不動産投資を始めた当初から綿密なローンシミュレーションをしているということです。
不動産投資ローンのシミュレーションのポイントは、毎月または毎年、いくらの不動産投資ローンを返済するのかということです。簡単に言えば、不動産投資によって得られる賃料が、ローンの返済額を上回るように設定することで、無理のない返済をすることができます。例えば毎月の返済額が80,000円の場合、毎月の賃料が最低でも80,000円以上取れる見込みがなければ、シミュレーション段階で失敗だと気づくことができます。毎月のシミュレーションができたら次は年間の総返済額を計算しましょう。ボーナスを増額返済しようと考えている方もいるでしょうが、自己資金が少ない方こそ基本的にはボーナスを組み込まずに行います。

管理費や修繕費を計画的に積み立てる

不動産投資の利回りは限られているので、管理費や修繕費など諸経費の費用をシミュレーションしておくと安心です。例えば分譲マンションではマンション全体を管理する会社に管理費を支払います。ワンルームの場合は月に5,000円~10,000円程度ですが、不動産投資の利回りを考えると大きい出費です。
また建物が古くなるとどうしても大規模な修繕工事をする必要性が出てきます。工事費用にあてるため各戸から一定金額を積み立てるため、修繕積立金は支出と見込んで必ずシミュレーションしましょう。
ただしシミュレーションは専門的な知識を必要とするので、知識を持って正確的なシミュレーションをしてくれる不動産投資会社を見つけることが大切です。

不動産投資会社5選 不動産投資会社5選