サラリーマン向け不動産投資講座 » 不動産投資に失敗する初心者とは

不動産投資に失敗する初心者とは

初心者に多い不動産投資の失敗とは。なぜ失敗してしまったのか、その理由を調べてみました。

初心者に多い不動産投資の失敗

都市のマンション

不動産投資をいざ始めてみたは良いものの失敗してしまった、という方は多いものです。

そこで初心者にありがちな失敗理由について調べてみました。自分が当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

ライフプランを立てない

不動産投資で大切なのは、ライフプランを立てることです。初心者に多いのですが、ただ漠然と儲かりたいという気持ちだけで投資をするのは失敗のもとです

なんとなく始めるのではなく、老後の収入を増やしたい、子供の将来のためにやりたい、などの目的を持って投資を始めましょう。ライフプランを立ててから投資を始めることで、当初の利回りだけでは見えてこなかったメリットも見えてくるようになります。

不動産投資会社の中にはライフプランを一緒に立ててくれるところがあるので、そのような会社を利用するとさらに未来が見えやすくなるのでおすすめです。

ライフプランを立てなかったことで、不動産投資に失敗するケースについて詳しく見る>

1人でやろうとしてしまう

不動産投資を始めるにあたり、最初は独学で、と始める方が多いと思います。不動産投資セミナーに参加したり関連書籍を購入したり、毎日勉強をして知識を蓄えて、いざ始めることでしょう。

ですがこのようなタイプの方は、実は失敗しやすいタイプだと言えます。積極的に真面目に取り組んでいますが、独学では投資の知識が正しいのか自分に合っているのかが分からず、成功できないような物件を購入してしまうことがあります。


このようなことを防ぐため、ベテランの投資家でも不動産投資会社をパートナーに選びますから、初心者ならなおさら不動産投資会社を頼ることがおすすめです。売主と買主の間に不動産投資会社を挟むことで取引がスムーズに進みますし、投資を成功に導いてくれます。

独学でなんでも1人でやろうとして、不動産投資に失敗するケースについて詳しく見る>

少しの資金でリターンを多く求める

不動産投資を始める方に多いタイプが、少しの資金で多くのリターンを求めようとする方です。利回り10%にひかれて築20年以上の中古物件を購入してしまったり、管理費や修繕積立金を考えないまま購入してしまったりと、後になって失敗に気づいてしまいます。

高利回り(ハイリターン)はその分リスクが高い(ハイリスク)ので初心者には難しいものです。まずは綿密なローンのシミュレーションをしてみて、毎月の返済額と毎月の賃料、管理や修繕費などのバランスを考えてから物件を購入しましょう。

少しの資金でリターンを多く求め、不動産投資に失敗するケースについて詳しく見る>

初心者が不動産投資で失敗しないための方法

では、これらの失敗を回避するにはどのような方法があるのでしょうか。それぞれの失敗例に関して、回避するためには何が、どのような考え方が必要になるのかご紹介していきます。

明確な目的を設定する

不動産に限らず「投資」に挑戦する際には、まず明確な目的(ビジョン)を持つことが大切です。上記の失敗例でも紹介しましたが、「何となく儲けたい」「投資は儲かると聞いたから」など、あいまいな目的で挑戦してしまうと目的と手段が入れ替わってしまう恐れがあります。

そもそも不動産投資は「事業」です。会社を経営する際と同じように、その投資をどのように運営することで儲けを得るのか、といった点を考えなければいけません。家賃収入、売買による収益、税金対策、生命保険替わりなどさまざまな目的の中で、いつどの儲けを得たいと考えているのかを知らなければいけないのです。

まずはなぜ不動産投資をしようと考えたのか、その根本を自身で把握しておくことが大切だと言えるでしょう。

仲間を見つける

最初はどうしても、「不動産投資は一人でするものだ」と考えがちです。しかし、まったくの初心者が一人だけで投資を続ける、実行に移すというのはなかなか難しいものでしょう。

本での勉強、セミナーへの参加。これらはもちろん大切なことですが、実行に移すことができなければ当然儲けには繋がりません。このような時に必要となるのが、モチベーションを保つための「投資仲間」です

仲間を見つけることができれば、「勉強をしていたはずなのに、日々の雑務が忙しくて不動産投資から離れていた」「実際にやってみようと考えたけれど勇気が出なかった」などの問題が解決するでしょう。また、情報のやり取りができることで、投資の勉強自体も進みます。

1人だけで考え込むことは視野を狭める結果にもなりかねません。投資を成功に導くためにも、周りとの協調性も大切です。

コツコツとした努力を放棄しない

投資、もしくは投機などに興味を持つ方の多くは、ハイリターンを望んでいると言えるのではないでしょうか。しかし、上記でも紹介したように初心者の内からハイリターンが期待できるような投資というものは「ない」と考えてしまう方が無難です

不動産投資は事業だとも上記で紹介しました。初めに知識を仕入れることと同じくらいに、業界の流れや古くからある慣例などというものにも精通しておく必要があるのです。

まずは「投資を始めれば将来は安泰だ、すぐにでも儲けが出る」などという考え方を捨てましょう。

知識を付けた後には業界特有の流れを見極める目を養わなければいけません。コツコツと勉強を続け、新しい情報にも敏感に反応できるよう、広い視野を持つことが大切になるのです

「それでも不安だ」という初心者の方は、初心者にも優しい不動産投資会社を頼りましょう。最初から最後まで、徹底したサポートをしてくれます。

不動産投資会社5選 不動産投資会社5選